--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/08/31
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(役者) 役者について

今晩は、役者の中村です。お久しぶりです。いえ、そうでもありませんでした。

稽古場日誌ということはなのですが、ここ数日の稽古で得た物が自分の中でかなり大きかったので、漠然とになりますが、得たものを書いておこうと思います。乱雑な文章、というか文章になってるのかもわからないレベルですがお許しください。

一昨日、昨日の稽古は七井さんがいらっしゃらなかったので森田さんと浅田さん、大谷さんと吉本さんに稽古ご一緒していただきました。(こんなに贅沢な経験は、後にも先にも中々無いのでは無いでしょうか。有り難い限りです。)

○その2回で
・ギャル(私はギャルをはき違えてると思いますが一応)
・土星人
・カニ
・靴下
でしてみました。
不思議なことですが、上二つでは「中村ならこうする」という自分の範疇を越えたもののフィルターを通したことにより、自分の言葉が自由になりました。
また、下の二つではえらく相手の一挙手一投足に全神経を総動員して見ていため、相手ときちんと話ができたように思います。
この、特に後者の「相手をしっかり見る」ということは、自分の中で非常に良い稽古でした。
同じくして、久野さんに「お客さんは別に気にしなくても良いよ」と言っていただいたことも大きかったように思います。この「お客さんの存在」については、今までもよく自問自答してたのですが、演出家さんというポジションの方から正面切って言葉にされたということが、今まで案外なく、何かが自分の中で外れたように思いました。

○「登場人物としての感じて話して生きてる(ということをする)私」と「役者としてお客さんに登場人物を表現をしようとする私」の二つの塩梅が難しいということを稽古中にぼやいたいたところ、その塩梅考えるものじゃあないのでは、という話になりました。

○「登場人物になろう、なったと表現をすること」を逆算している時点でそれはベクトルの向きが違う。登場人物、というか人間は何かから逆算して生きてない。進行形で生きてる。
例えば観客は観客になろうとして劇場に入ってきてない。劇を見に来て、それが誰かから見たとき始めて観客になる。
なのにそこで役者が「観客になろう」としたら、その意識がすでに回りから浮いてるのでは、ということについても稽古中で話しました。

○不思議なことで、演出さんやお客さんが「良かったね」と感じるときって、役者は何も考えてなかったり、今のなんか違うなと思ったりすることが多いです。
(多分私以外にもその経験がある人はいるかと)意識を空っぽに、または、全然違うことに気をとられてる役者の状態って案外、普段の人間の状態に近いのかなと、感じました。

○あと、「聞き方」にいう点をピックアップして、私達の普段と舞台の上での身体の状態についても考えました。
私たちが普段生活する上で、人の話を聞いてるときって、(私の場合特に)そんなコックリコックリ頷いて聞かないもので。
芝居でするコックリコックリとか、あれって、相手の話を聞いてるよ!って伝えるためのリアクションとしてのコックリコックリは、相手との対話だけど、「相手の話を私今聞いてます。ほら、コックリコックリって動作、話聞いてる時によくするでしょ」という役者としての(もしかすると無意識の)表現としてしてしまうと、それはお客さんからすると情報じゃなくなってしまう。


そのような話しました。


自我は消えない、というか、消す必要がない、どう付き合っていくかということを考えないといけないのではと、思いました。相手ありきの空間だということを忘れないよう、また、あまり今回得た物に縛られ過ぎないよう、幸い長期的に創ることができるので、柔軟に、今回得たものを使っていきたいと思います。

長くなりました。失礼します。
スポンサーサイト

2015/08/31
稽古場日誌【客席編】…大谷菜々(演出助手)

2015083002.jpg

今回演出助手を致します、大谷菜々です。
本日は桃山台にて客席編の稽古でした。

今日は七井さんがお休みだったので前半は中村さんと観客が客席に着くまでの過程の稽古をしていました。最初は先日のように土星になったりギャルになったりしながら稽古していたのですが、そのうち人はただ椅子に座れと言われたらどんな行動をするかについて考え始め、すこし実験をしましたが…詰めが甘く失敗に終わりました。またの機会に……
後半は制作助手の吉本さんの参加により、ダイアログの稽古をしました。これもまた先日のように何かになりきったりしていたのですが、お題が人で無くなっていくにつれてその物自体の役割、形、その物に自分がどのように接しているかなど様々な視点から物を見る学校の授業のようなものになっていきました。
また、人でない物が相手だと役者さんも相手のことをしっかり観察するようになるねという話になり、久野さんと役者さんは一歩前進する何かを掴んだようです。
何かになりきるためにお題をくださいと突然言われ、私はとっさに〝靴下〟と答えましたが役者さん2人は色々な視点から見事に対応してくれました。2人とも最初は何をするにも体の形がL字になっていて、なんとなく靴下を頭に思い浮かべているんだろうなというのが伝わってきました。頭に思い浮かべた何かの形というのも演技に影響してくるのかもしれないと思いついつい見入ってしまいました。今日はそれぞれ何かを掴んで持ち帰れた稽古になったのではと思います。次の稽古が楽しみです。

2015/08/29
稽古場日誌【客席編】…浅田真那(演出助手)

今回演出助手として関わっております、浅田真那です。
29日は京都で客席編の稽古でした。

出演者の七井さんがお休みだったので、演出助手の森田くんが代役をして、もう一人の出演者である中村さんと本読みを中心に稽古をしました。
本読みといっても、椅子に座って机に向かって、というような稽古ではありません。
役者さんたちは稽古場を歩き回り、身体を楽にして、時には(ボール無しで)バスケットボールをしながら……などなど、様々なかたちでセリフを読んでいきます。
中村さんは久野さんからの指示で、ギャルになったり土星人になったりしながらセリフを読んだりもしました。

↓わっかが素敵な土星人の中村さん。



私たちは時々、
「こういう役なら、こう読むのがそれっぽいよねー」
と勝手に決め付けて、セリフを読んでしまいがちです。
でも、自然に言葉を話している時、「自分はこんな人間だからこんな話し方をするんだ」と決めて話す人って実は少ないんじゃないかと思います。
中村さんが土星人として言葉を話している時、見ている人は「あ、それ土星人っぽい」と思うことはまずないでしょう。土星人に正解はありません(あってもわかりません)。
それと同じように、こうすればその役っぽくなる演技なんて、あるはずがないのではないでしょうか。
そんなことを考えさせられる稽古でした。

残念ながら本番で土星人が出てくるわけではありませんが、舞台でしか出会えない、中村さんの役に出会える日が今からとても楽しみです。

2015/08/27
稽古場日誌【客席編】…七井悠(出演)「自然」が今のところのテーマになっている」


今回、recycle缶の階の「客席」を扱ったほうの作品に出演します、七井と申します。
このrecycle缶の階、とは去年の末に「缶の階」という団体が上演した、「舞台」と「客席」にまつわる二作品を、「再演」する団体です。

今回私は同じ作品を再演します。「客席」にまつわる作品は、二人芝居でして今回は相手役の女優さんが前回とは違う方です。
その女優さんは中村さんといいます。27日は中村さんとの二回目の稽古でした。

今回、久野さんと再演するに当たってどういう風にやろうか、ということをなんとなく話をしました。
その中で「自然にやる」という言葉が出てきました。
もっと言うと、「抽象的な事柄を非常に具体的にやる」ということになるでしょうか。

前回は、とにかく台詞(言葉)に忠実に、一語一句違えずに話す ということを目標に稽古をしました。
今回の目標は、自然にやる です。

一度演じた作品をどう自然にやるのだろう。
そもそも自然にやるとは何だろう。
稽古はそういった、疑問?をはらんで進んでいます。

今回は2回目の稽古とあって、お互いに立ちながら台詞をあわせてゆく稽古を行いました。
一番印象的だったのは、椅子を使って稽古をしたら(客席、なので椅子がある)とたんに台詞が台詞くさくなった・芝居が芝居くさくなった ということです。
台本に指定のある「椅子」を使うと、とたんに演技がわざとらしくなった=ではない 
のは何なのだろうか?
もしかしたら「椅子」は使わなくてもいいのか?? 
それくらい、可能性の幅を広げながらの稽古でした。

2015/08/18
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(出演)

こんばんは、中村彩乃です。今回客席編に出演致します役者です。

さて、今日の稽古は、自由に身体を動かしながら、本読みを重点的にしました。
台詞は完璧に入っては無いものの、やっぱり台本をはずすことによって生まれる余裕があり、
なるだけ早く完全に台詞をいれたいな、とひしひしと感じました。
そして、ただ読むだけでなく、久野さんからの提案のもと、私は幾つかの挑戦をしていました。

例えば
・自分の聞いたことない音を出してみる
・相手の言葉(音)をよく聞く
・ゆっくり話してみる
・目をしっかり見る
・私は無言で、七井さんは台詞有りで。また、私は音だけで話してみる。
等のことを。

台詞の広がりの可能性、表現的な部分と叙情的な部分の匙加減、役者の特性についてを多く話せたように思います。

如何せん私は経験が足りないので、出来るだけ素直に、柔軟に、空っぽにして、
でも役者としての責任を持って稽古したいものです。
本番までの期間、焦らずに何かを積んでいきたいと思います。

どうぞこれから、宜しくお願い致します。

2015/08/18
稽古場日誌【舞台編】…太田宏(出演)


2015-08-1702.jpg


太田宏です。
今日は再演舞台編の初稽古でした。
パシフィックシアターを使わせていただいて、劇場稽古させていただきました。

メンバーは久野、諸江、森田くんと、私は初めましての浅田真那さん。

稽古場に演出とは違うもう一つの目があるのはありがたいです。
あとのメンバーもグンと若いらしいです。

いやあ、稽古、ヒリヒリと頑張りますよ〜。先ずは、彼らに飽きられないように喋れないとダメですもんね。

演劇のスタイルには流行り廃りがあると思います。
でも、役者のアプローチには、何千年も昔から脈々とある、普遍的な「何か」がある気がしてるんです。舞台に立ってお客さんの前でしゃべる、ということなんですから。
でも、その何かが、掴んでいるのに、はっきりしない、掴めてそうでくっきりしない。
つまり、うまく説明できないわけなんですが・・・。

というわけで、体現するしか手は残ってないんです。なので、やってみます。

観て、そしてどうなってるか、教えてください。

チケットも発売しております!

花園町パシフィックシアターに立ってます!


2015/08/07
空の階_奨励賞受賞@利賀演劇人コンクール2015 

空の階が利賀演劇人コンクール2015にて、奨励賞をいただきました。
久野那美(『財産没収』)の言語に対する細やかな取り組みに対し

IMG_3550_s.jpg
(撮影:中尾栄治)


利賀演劇人コンクール
http://togaconcour.tumblr.com/

舞台写真はこちら↓

※空の階舞台監督でもある脇田友撮影https://goo.gl/photos/A1eWcVD6ZTJ43HS17


※中尾栄治氏撮影https://goo.gl/photos/k163hTCpwumWjDWr9
















| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。