--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/12/30
稽古場日誌【舞台編】太田宏

0000-2.jpg


12月28日舞台編の年内最終稽古が終わりました。

客席編の稽古場日誌ばかりあがっておりますが、

舞台編も稽古しております。
パシフィックシアターでした。

この作品を劇場で作るというのは、とても効果的です。
もちろんどんな作品も、上演される劇場で創作されることが望ましいわけですが、「話すなら〜」は作品の性質上、上演する場で作るのがベストなようです。

この場に馴染む居方がぼんやりとですが見つかりそうな感じがしてます。
空間にあった声、つまり、音の高さと強さが出せそうな気がしています。
ここに来ても、未だに、セリフを聞いてハッとして、しゃべってみてハッとすることが続いています。

人が何かに気づく時、リラックスしている時が多いようです。他の表現手段はわからないのですが、俳優に関して言うと、極度に集中してリラックスせよ!という強烈な負荷をかけられます。そんなことできるんかい!と思うのですが、どうもできるようです。

リラックスは俳優それぞれによって違うのですが、この作品における私のリラックスは劇場だったようです。

そろそろ、観てくれる人が必要になって来ました。客席に人が座って完成です。

観に来て下さい。
劇場におります。

そして、この芝居を他の劇場で作ったらどうなるのか?キャストが変わらない限り、一週間くらいで、上演する場所に存在できる作品になると思います。
そんな素敵なことができる場所ないですかね〜。
関連記事














| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。