--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/09/28
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(役者) 受けについて

今晩は、中村彩乃です。
今宵はスーパームーンのようです。

遅くなりましたが、先日は久々の稽古でした。日が空いた稽古は面白いもので。良い意味で、前回の稽古を引きずらずにリセット出来る(反省は勿論しますが)ため、新しいことに挑戦しやすく感じます。ただ、そのためには準備が大切で。準備…。固めてしまわずに自由でいるための準備といいますか。それを蔑ろにしたくないなと思います。

稽古の中盤、私の「最近の目下の課題は、受けることです!」と言ったことに関して、少し受けの芝居について話しました。
それというのも、芝居中に、相手の台詞に被して、自分本意な芝居(行動)をしてしまいまして。そこから色々受けについて考えました。

見る、聞く、感じる等々、様々な感覚はあります。それらのバランスというか、それらを受けて、自分の芝居(行動)があって相手に返すまで、それで初めて「受け」なのかなと。
少し現段階で、この件について考えが纏まってないのと、もう少し考えたいこともあり、いつもより、より纏まりのない文章になりましたが、
今後の稽古(というか、演劇をするうえ)で少ずつ重ねていきたい課題というか、目標であります。

なんとなく、芝居を「積む」という感覚に、最近なってきました。
関連記事














| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。