--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/30
稽古場日誌【客席編】…浅田真那(演出助手)

冬は暖を取るために缶珈琲を買います。こんばんは、浅田真那です。
10月30日は中京青少年活動センターにて客席編の稽古を行いました。

私はほぼ2週間ぶりの参加だったのですが、久野さん、七井さん、中村さんたちにとっては4日連続稽古の最終日。
しかもこの日は早速、稽古場見学募集のページを見たお客さまが1人いらっしゃって、少し緊張しながら稽古場に向かいました。


稽古の最初は最近課題になっていたらしい冒頭での男(七井さん)が女(中村さん)に声をかけるシーンを何回もやりました。
久野さんからの「これでもかというくらい大げさに声をかけてみては?」という提案に従い、七井さんは「振り向きざまに手をバァっと広げて相手に声をかける」というとても不自然な動きを試しておられました。
すると、男にとっては理由のある行動でも、事情がわからない女にとっては不審としか思えない行動をすることで、相手に対する危機感を覚え、相手のすることに関心を持つためか芝居がどんどん動いていきます。
この始まりから何かを掴んだ様子のお2人は、通し稽古に入っていきました。

……結論から言うと、本当に、とてもいい通し稽古になっていました。

話を続けようする男は女に話の邪魔をされてうまく話が続けられなくなるたびに、また女は自分の想定していたことが男によって裏切られていくたびに、どんどんお芝居が不安定になっていきます。
不安定というのは悪い意味ではなくて、自分が思っていた5分後、3秒後が全て裏切られ、それに気づいた時に自分の中の状況が再構成されるということ。
普通の会話では当たり前のことでも、喋る台詞も結末も決まっているお芝居でそれらを行うことのなんと難しいことか。
そんな難しいことをまだ何もかもが完璧だったわけではなくても、お2人は見事に表現していっていました。

久野さん曰く、「今日は連続稽古の中でも特に良かった」とのこと。
それでもまだ変えていけるところ、特に台詞と台詞の間の間などについては課題もあったりして、これからの稽古もまだまだ変化していく余地がありそうです。

本番が迫ってくる中、まだまだ楽しみな客席編の稽古でした。
関連記事














| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。