--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/11/02
稽古場日誌【客席編】…七井悠(役者) スローモーション

11月に突入しました。今年の7月から始まった稽古も、4ヶ月近く経ち 本番までの残りも2ヶ月です。

本日も変わらず冒頭の部分を丹念に稽古します。

稽古の成果か、「二人の間でのやり取りが成立する割合」が高くなってきたと思います。
所謂土台が出来てきたとでも言うのでしょうか。

稽古では毎回同じ台詞をしゃべるのですが、その台詞の中身(どういった状態の相手に、どういったニュアンスで言葉をかけるのか等)は、毎回微妙に違います。稽古によっては、まったく違う場合もあります。
稽古場では、その変化する可能性を出来る限り広げて、久野さんの言葉(台詞)を色んな角度から検討しています。

話す言葉は変わらない。では変化しているのはなにかと言うと、出演している俳優二人のからだなのかな、と思います。
自分のからだがどう在ったら、言葉をしゃべれるのか。稽古はそんな事を確認してゆく作業でもあります。

本日の稽古では、久野さんからスローモーションのような演技になっていると言われました。
これも、言葉と自分のからだの切り離しが出来つつあるからなのかも知れません。
関連記事














| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。