--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/01/05
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(役者) 受け入れて立つ

皆さま、明けましておめでとうございます。新年はいかがお過ごしでしたでしょうか?私・中村はというと、忘年会の嵐を掻い潜って何とか正月まで生き残った所存です。

さて、先日新年一発目の稽古がありました。

去年最後の稽古で、読みあわせをした方が良いねということになり、まず読みあわせをしました。この読みあわせ、侮ることなかれ。自分の言葉と相手の言葉が、稽古中よりわかりやすく感じることがあるのですね。これは恐らく、身体の緊張のレベルや余裕とかが関係しているように思います。
その後、稽古に。最近は稽古後半にいくにつれ調子が整ってくる傾向にあったのですが、珍しく、頭の方に整えられた感じがありました。しかし後半は、色々試行錯誤をしつつ、少しフワッとした印象になってしまいました。

何が起こったのかを把握することは、非常に大事です。
・部屋(空間)
・空間の空気
・俳優のコンディション
・見てる人のコンディション
等々、こういったことが芝居を作る上で微妙に作用してきます。
俳優は勿論、そのときのベストを舞台にあげようとする努力をしなければなりませんが、例えばお客さんのコンディションや天気・湿度等はどうにも出来ません。いや、俳優というか、人間として、出来ません。

それらの、状態・環境・起こってしまったことをどこまで受け入れて、その上で芝居をするか。

舞台という表現はつくづく捉えがたく、面白いものだと思います。

さてさて、本番も近づいてきました。
お客さんがきての芝居です。どうぞ劇場の空間を吸いに来てください。

2016/01/05
ボトルチケットの購入方法

ボトルチケットは以下の方法で購入いただけます

1)演劇パスより購入する
※クレジットカードが利用できます
※通常のチケットと同様にご購入ください。(日時は便宜上、1月10日17時の回を選択してください)

2)ネットショップ階マートより購入する
※グッズや上演台本と併せてご購入いただけます

3)CoRichチケット!より購入する
※通常のチケットと同様にご購入ください。(日時は便宜上、1月10日17時の回を選択してください)
※「見たい」「見てきた」などのご感想をいただけるととてもうれしいです。


Recycle缶の階への楽屋見舞いを考えてくださっている方、ほんとうにありがとうございます。
どうぞお気遣いくださいませんように。劇場へお運び頂いたこと自体が何よりの見舞いです。
ですがもし、+αの応援をいただけるのでしたら、
お客様へ還元することができ、新しいお客様との出会いを与えてくれる「ボトルチケット」(1000円)を購入いただけますと、何よりの励みになります。何とぞご協力お願い致します。

今回ご都合合わず観劇いただけないお客様、私達の公演を気にかけていただき、ほんとうにありがとうございます。
よろしければ「ボトルチケット」(1000円)の購入にご協力いただけますと誠に幸いです。
Recycle缶の階が責任を持って、ご来場のお客様にお届けいたします。

botle透過



■ボトルチケットとは?

ボトルチケットは、ご自身が観劇するためのチケットではなく、 見知らぬ誰かの観劇をこっそり応援するためのクラウドファンディング型チケットです
【参照】→Neverまとめ“誰かのためにチケットを” 観客支援システム【ボトルチケット】とは?"
http://matome.naver.jp/odai/2144595322959278101

こんな方にご購入いただきたいチケットです
・Recycle缶の階の公演を応援しようと思って下さる方
・自分だけでなく、多くの人にRecycle缶の階の公演を見てほしいと思って下さる方
・高校生、大学生など、観劇資金の少ない他のお客様の観劇を支援したい方
・自分は見に行けないけど誰かに代わりに見てほしいと思って下さる方
<買い方>
前売チケットと一緒に、または前売チケットの代わりに購入することができます。
ご購入頂いたボトルチケットは、利用されるお客様のためにボトルに貯めていきます。
<使い方>
当日受付にてチケット料金をお支払いになるお客様は、 お一人様最大3枚までボトルチケットを使うことができます。
1枚使うごとにチケット代金から1,000円割引されます。
当日ご準備できるボトルチケットの枚数は、販売された枚数によって変動します。
ボトルチケットのご利用は先着順です。各回の規定枚数がなくなり次第終了致します。


2015/12/30
稽古場日誌【舞台編】太田宏

0000-2.jpg


12月28日舞台編の年内最終稽古が終わりました。

客席編の稽古場日誌ばかりあがっておりますが、

舞台編も稽古しております。
パシフィックシアターでした。

この作品を劇場で作るというのは、とても効果的です。
もちろんどんな作品も、上演される劇場で創作されることが望ましいわけですが、「話すなら〜」は作品の性質上、上演する場で作るのがベストなようです。

この場に馴染む居方がぼんやりとですが見つかりそうな感じがしてます。
空間にあった声、つまり、音の高さと強さが出せそうな気がしています。
ここに来ても、未だに、セリフを聞いてハッとして、しゃべってみてハッとすることが続いています。

人が何かに気づく時、リラックスしている時が多いようです。他の表現手段はわからないのですが、俳優に関して言うと、極度に集中してリラックスせよ!という強烈な負荷をかけられます。そんなことできるんかい!と思うのですが、どうもできるようです。

リラックスは俳優それぞれによって違うのですが、この作品における私のリラックスは劇場だったようです。

そろそろ、観てくれる人が必要になって来ました。客席に人が座って完成です。

観に来て下さい。
劇場におります。

そして、この芝居を他の劇場で作ったらどうなるのか?キャストが変わらない限り、一週間くらいで、上演する場所に存在できる作品になると思います。
そんな素敵なことができる場所ないですかね〜。

2015/12/28
稽古場日誌【客席編】…中村彩乃(役者) 演劇は面白い

666.jpg

こんにちは、中村です。
今年も残すところあと4日。
来年のことを言うと鬼が笑うとは言いますが、来年1月の公演の話を今年の春頃からしていた私達は、さぞかし鬼達に沢山の笑いを提供していたことでしょう。

というわけで、本番は年明け1月7日~10日!宜しくカモンください!


さて、昨日は客席編の年内ラスト稽古でした。

まず、ラストのシーンの稽古。
音響・照明・美術スタッフさんの力を借りて劇場で早く立ってみたいと思いました。面白くなりそうだなと、確認。

その後は、通し練習へ。
個人的に、脚本からの新しい発見がかなり多くあり、相手とのやり取りもうまく出来、最後まで集中できた稽古でした。
自分のなかで、ここに来て一番しっくり来たと言いますか。


この感覚をただ追いかけてはいけませんが、なぜこのような現象が起こったのかを整理することは大切です。
以下、考察。

・最初の一言目に向かうまでの集中力
・相手の話を聴く、相手に話かける
・脚本の可能性を決めつけない
・話が動く起点(感情や動き)をいくつか確認しておく

また、七井さんと「稽古・本番前に読みあわせを軽くしておいた方が良いかもしれない」という話にもなりました。


私達の団体側がいくら稽古で心地好い気持ちになっても、最後に見て感じるのはお客さんです。
ただ、私達が楽しいと思えないものを、人に楽しんでもらいたい、なんて思えないので、昨日の稽古はそう言う意味では、重要な一歩だったように思います。

公演まであと9日しかない、とするか、
公演までまだ9日もある、とするか。

私は最後の最後の楽ステの終演まで、考えて足掻いて、この脚本を楽しみたいと思います。
一人でも多くのお客さんの心の機微に触れられますよう、頑張っていきます。

皆々様、良いお年を。

2015/12/24
稽古場日誌【客席編】…森田深志(演出助手)

4444444.jpg

劇場稽古でした。
七井さんを中心に、全体のバランスをみて凝り固まってしまってきているところをどのように壊すかという作業をしていたように思います。その打開案が上手くはまった時には何度も観ているはずの話が新鮮でとても魅入ってしまいました。
僕は、登場人物が頭良いか頭良くないかをずっと見ていました。頭良いにも、ずる賢い、要領が良い、知識が豊富など様々な側面があると思います。主観ですが、一回目は、地頭が良いが不器用な少年、二回目は、賢く知識も豊富な超人、三回目は、頭は良くないが頑張っている青年に見えました。原因を探っていきたいと思います。













<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
admin
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。